Hatena::Groupstreetfighter4

きれいな道場が、好きじゃけん。ちぇりおー! このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2010-05-21

がまさんのインタビュー

がまさんのインタビュー - きれいな道場が、好きじゃけん。ちぇりおー! を含むブックマーク はてなブックマーク - がまさんのインタビュー - きれいな道場が、好きじゃけん。ちぇりおー! がまさんのインタビュー - きれいな道場が、好きじゃけん。ちぇりおー! のブックマークコメント

とらさんが訳したところの続きを、これまた適当に訳してみました。

http://streetfighter4.g.hatena.ne.jp/trashkids/20100521

原文はこちら。

http://tetrasg.com/2010/05/19/sf4-choco-blanka-gama-no-abura-interview/



Tournament Questions

Tetra: Isn’t it tiring to organize a tournament every week?

毎週トーナメントを主催するのは大変じゃないですか?


Choco: My tournament is just a small scale tournament. It is not really tiring, especially with players like Gama helping me out. Doing NSB every week is 100% impossible! Gama will die from that. Haha

私がやるトーナメントは小規模なんです。がまさんのようなプレイヤーの方が手伝ってくれるので、そこまで疲れるというわけではありません。なので、私がNSBを毎週やるのは100%不可能です!がまさんは死んじゃうんじゃないでしょうか(笑)


Gama: Holding NSB every week is tiring enough haha.

NSBを毎週やるのは十分以上に疲れますよ(笑)


Tetra: Yea… Even in Singapore, the organizers get tired.

シンガポールでも同じく主催者はとても疲れますね。


Gama: It is difficult to maintain large scale tournaments.

大規模トーナメントを運営するのはとても難しいです。


Tetra’s Notes: NSB usually have around 120 participants.

メモ:NSBは毎回120人近くの参加者がいます


Gama: In the Capcom national tournament 2010, NSB players did really well to get to the top few positions. Players like Momochi and Eita have also been invited to overseas tournaments. For myself, I met alot of different players. This pushes us to continue organizing tournaments.

カプコン主催の2010年度全国大会でも、NSBのプレイヤーが上位をとったりしていました。ももちやえいたのようなプレイヤーは海外のトーナメントにも招待されていたりします。私としては、色んなプレイヤーに会えるというのがうれしいですね。トーナメントを主催し続ける原動力になっています。


Tetra: How do you find all those great commentators for your tournaments?

あなたのトーナメントでは、どうやって偉大な実況者を見つけているのでしょうか?


Gama: Hmm, we are all connected by SF4. Japan is a small place, it wasnt difficult to find commentators.

うーん、私たちはみんなSF4によってつながっています。日本は狭いですから。なので、実況者を見つけることはそれほど難しいわけじゃありません。


Tetra: Are they volunteers?

彼らはボランティアなんですか?


Gama: Yap. Everyone love games. It didnt took us long to gather some commentators.

そうです。みんなゲームが好きですから。実況者を何人か集めるのに、それほど時間はかかりませんね。


Tetra’s Notes: Ended up random talking about inviting Gama to Singapore. Gama saying let’s do NSB in Singapore! Gama explained how he got famous by commentating for Daigo: “Umehara gaaaa~!”.

メモ:がまさんをシンガポールに招待することに関して、だらだらと話しながらここでいったん話は終わります。がまさんは「シンガポールでもNSBをやりましょう!」と言ってくれました。がまさんは、ウメハラを実況することで有名になったということについても説明してくれました「ウメハラが〜〜〜!」



Tetra: What do you feel about the idea of console tournaments?

家庭用トーナメントについて何かアイデアをもっていますか?


Choco: I like how everyone go “Wai Wai” while a match is on.

私はみんなが試合中に「わいわい」するのが好きなんです。


Tetra’s Note: Wai Wai basically means cheering and other forms of loud coordinated voices.

メモ:「わいわい」とは基本的にはギャラリーから声をそろえて応援したりすることを意味します。


Choco: I became a tournament organizer because I want to hype up the atmosphere in the arcades. There is a possibility that even the players who only played at home would come to the arcades. But arcade and console SF4 is slightly different.

私はアーケードの空気を盛り上げたいからトーナメント主催者になりました。いままで家でしか遊んでいなかった人でも、ゲームセンターに来てくれるかもしれないと思って。でも、アーケードと家庭用のSF4ではちょっと違うところがありましたね。


Tetra: Timing and stuff right?

タイミングとかスタッフの関係です?(ここがちょっとよく訳せませんでした)

Choco: Yap yap. There is a need to consider the differences between hosting a console tournament and an arcade one. However having fun is the main priority! Organizing a small scale console tournament is something I want to try!

そうそう。家庭用トーナメントとアーケードトーナメントを主催するときには、その違いを考える必要があります。でも、一番大切なのは楽しむことです! 小規模家庭用トーナメントを主催するのは、私がそれをやりたかったからなんです!


Tetra: Yap, having fun is the most important thing.

確かに楽しむことが一番重要ですね!


Choco: Yes! Instead of just deciding who is better in a serious tournament, its more fun to have everyone going “wai wai” while having tournament matches against each other. Maybe we can get the same effect for console tournaments!

そうなんです! 真剣なトーナメントで、誰が一番なのかを決めるかの代わりに、対戦をしていない時でもみんなで試合中に「わいわい」するのも楽しいんです。たぶん、私たちは家庭用トーナメントでも同じことができると思うんです。


Tetra: I totally agree! Since SSF4 will be on consoles first, I guess there is a need for more console tournaments right? Console tournaments need alot of resources to hold though. Eg. PS3/360 and venue. It is cheaper and easier to host arcade tournaments.

いやまったくその通りだと思います! 私は、そういった要素を備えている家庭用のトーナメントを開催できる初めてのゲームが、SSF4だと思うのです。家庭用トーナメントは開催するのに多くのリソースを必要とします。例えばPS3XBOX360と開催地が必要です。でもそれはアーケードでやるトーナメントに比べて安く、簡単に開催できると思います。


Choco: Yes that’s true! Tournaments like Godsgarden will need alot of PS3/360 and monitors.

本当ですね! GodsGardenみたいなトーナメントだったら、たくさんのPS3と360と、そしてモニターが必要だと思います。


Tetra: Renting a venue can cost alot of money. Even if you host a tournament at your house, those people that you don’t know wouldn’t come. How about you, Gama?

開催地を借りるとなるとお金もかかってしまいます。もし、あなたが自分の家でトーナメントを開催するとしても、だれも来てくれないでしょう。がまさんはどう思われますか?


Gama: The cost of venue is the biggest bottleneck.

Players can play with random people online from whenever and wherever they want. The way people get acquainted with each other is different between arcade and consoles.

If its console tournaments, what merits are there? In arcade tournaments, what merits are there? We need to figure out what are the merits and make full use of them.

開催地のコストは最も大きいボトルネックです。

プレイヤーはいつでもどこでも誰とでも、やりたいときにオンラインで戦うことができます。彼らがお互いに知り合う方法は、アーケードと家庭用とではちょっと異なっています。

もし、家庭用のトーナメントをやるとしたら、そこにはどんなメリットがあるか? アーケードでやるメリットは何か? 我々は、それぞれの長所を把握して、完全に利用する必要があると思います。


Tetra: Yap. Its difficult to host console tournaments even if we want to.

うーん。そうなると、家庭用トーナメントを開催したいと思っても、開くのは難しいそうですね。


Gama: Yes. I am keen on hosting console tournaments. I dont know to go about it when there are alot of limitations such as venue in Japan.

そうですね。私はいま家庭用トーナメントを開きたいと思っています。日本で、開催地問題とかの多くの制限があるとき、どうやって取り組めばいいのかよくわからないのです。

 |