Hatena::Groupstreetfighter4

当たる鹿波動は良い鹿波動(アウトロー編)

 | 

2010-01-25

対バイソン戦

04:12 | 対バイソン戦 - 当たる鹿波動は良い鹿波動(アウトロー編) を含むブックマーク はてなブックマーク - 対バイソン戦 - 当たる鹿波動は良い鹿波動(アウトロー編)

実際にバイソンをトレモで動かしてみて、動画見たりしながらいろいろ考えてみた。

  • 基本は中足波動
    • これに尽きる気がする。焦って攻めすぎない。中距離から近距離でしっかり中足の当たる距離をキープして牽制。当たったらちゃんと波動も。ただやり過ぎると2大Kが飛んでくるから時々波動を振っておく。セビを振ってもいいのかもしれないけど中距離でセビ振るのは少し怖いのでセビ振ってバクステ、距離おいて波動、とかになるのかな。前ステでもいいんだろうけど、その場合手癖で投げに行きそう。
  • 出来るだけ飛ばない
    • 2大Pが対空強いみたいなので飛ばない。ヘッドもあるし。飛ぶのはめくりぐらい。でもウメハラさんの動画だとちょくちょく相手の動きに合わせて飛び大Pを差し込んでる。まぁ完全に飛ばないのもやっぱりダメってことなんだろう。対空もらっても、牽制の意味でたまに飛ぶ。
  • 投げ抜け
    • バイソン側からしたら、やっぱりいい距離の波動に合わせて飛んで、飛び大Pか飛び大Kからのコパ固め→ヘッドあたりでリターンをとりたいところだと思う。で、飛びからコパ固めをガードできてたら投げがあるのでしゃがグラを仕込むべきなんじゃないかな。まぁそうなってくるとグラップつぶしとかの択になるんだろうけどそれは今は考えない。どうせ対応出来ないし。
  • ダッストガードに対する反確
    • 楽なのは真空波動。距離が多少開いてもしっかり刺さってくれる。深めに刺さったら大昇龍。セビ滅まで持って行けたら上等。コアコパあたりで暴れるのは届かないしたぶん間違い。ダッスト優秀だなーと思う。
  • ほか、ダッストへの対応
    • ダッスト優秀なのでとりあえず対応したい。選択肢はガード、垂直ジャンプ、セビ、中足、立ち中Pとかかな。基本的には立ち中Pや中足を牽制においておけばいいと思うんだけど、セビを振るのも大事かと思う。要するにほかのアーマーブレイクのあるダッシュ攻撃を誘いたい。ダッストはダッシュからの発生が早くて見てから対応は、多分強ダッスト以外は俺には無理なんだけど、ほかのアーマーブレイクのあるダッシュ攻撃は隙が大きい。中距離なら投げで返せる。ある程度意識を振っていれば見てから返せるのでこっちにも意識を振ってもらえるようたまにセビを混ぜるといいんじゃないかと思った。
  • 起き攻め
    • ちゃんと考えてないけど、とりあえず遅れ目に飛んでめくりで溜めを消すのはまず基本かな。あとはリバサのヘッドを誘ってガード、さらに裏を読んで投げに対応しての垂直ジャンプとか。あんまり引き出しがないのでこれぐらいしか。

ひとまずさんざんボコボコにされてるバイソンを勉強してみた。ツッコミどころとかもうちょっといい方法とか指摘してもらえるとうれしいです。

追記:大事なのを忘れてた。

  • バイソンのウルコンがたまってるとき
    • 波動は撃たない。最遠距離なら別に大丈夫だけどちょっとでも近づかれてると見てから前ステ生ウルコン入れられる可能性がある。でもこうなるといよいよ中足波動と対空ぐらいしかやることなくなりそう。結構な近距離で強気の波動ならさすがに見てから撃たれることは少なくなるだろうけど、波動自体がリスキーなので撃たないに越したことはないかな。
  • ターンパンチ
    • 立ち状態からのためなら空振りのパンチが見えるからその後波動を撃たないように気をつけて牽制の立ち中Pと距離を詰めての投げに意識を振ればいいだろうけど(もちろん溜めに見せかけたフェイクもあるだろうけど)、波動をガード中に溜められるとわかんないので波動ガードされたあとは気をつけた方がいい気がする。

swirhenswirhen2010/01/27 01:47前に飛ぶだけじゃなくて垂直ジャンプ中Kとかも選択肢に入れるといいかもしれない。いろいろつぶせる。
あと前に飛んでも技を出さずに着地する(詐欺飛び)とかすかし下段(着地して即小足とか中足を出す)なんかもいいかも。

trashkidstrashkids2010/01/27 14:09相手にもよるけど、中足波動を入れ込むと余裕で割り込んでくる場合があるので注意。
距離によっては波動にヘッドが刺さるのでうかつな距離で波動を撃たない。
タンパはレベル2以上はガード出来れば投げとか確るので反撃しっかり。
あと、俺はコパとかのスカりにから溜め始めるので、行動で溜めてるとかを決めつけない方がいい。

 |