Hatena::Groupstreetfighter4

やっほーとらきちだよ!

 | 

2010-08-18(スーパー)ストリートファイター4に於ける投げの基礎知識

初心者の方と話しているときに前提知識が違っていてうまく話がつながってない気がしたので、まとめておく。

■通常投げ

一般的に攻撃を当てたり、ガードさせた際に投げが一定時間当たらなくなる時間(投げ無敵時間)があるが、このゲームは非常にその投げ無敵時間が短い。

このゲームにおいて投げが強い最大の要因。

所謂何か攻撃をガードさせてから投げにいく当て投げがかなり強いゲームだと言える。

さらに通常投げの発生は3Fで投げ間合いもそこそこある(これはキャラによって違うが例を言うとハカンは狭くいローズは広い。自分のキャラの投げ間合いを把握しよう)。

投げが発生するまでの動作中に投げ間合い且つ地上にいた場合、確実に掴まれてしまう。

■投げ対策

発生が3F、地上の相手しか投げられないということを知っていると、対策は自ずと見えてくる。

まず、簡単なのはジャンプをすること。

完全にジャンプに移行するフレームはキャラごとに若干の差があるが、空中判定(つまり投げが当たらない)に即座になる。

つまり相手が投げを出してきそうだなーという時にジャンプを入れれば100%投げられない。

投げられなかった場合は相手は投げのスカりモーションが出るので隙ができる。ここに反撃を入れることができる。

問題は相手が投げを出してこなかった場合になる。

バックジャンプは比較的リスクがないが、キャラによってはバックジャンプ狩りが強力なキャラクターも存在する(例えばシベリアンブリザードのザンギエフ)。

垂直ジャンプは投げスカリモーションに反撃を入れられるが、リスクがとても高い。昇竜拳などの対空技が当たるのはもちろん、通常技からのコンボまでやられてしまうことがある。

さて次にバックステップ。

バックステップにリスクを負わせる方法もありますが、難易度が高かったりある程度読みが入るので、相手にもリスクがあります。

バックステップは発生から即座に無敵が発生し、途中から空中判定になるので、投げは無効化できます。

相手の投げスカりに反撃が取れるかどうかはキャラ次第になります。

投げ無敵技で暴れる。通常技にも即座に空中判定になる技があります(ローズの中Kが代表)これはかなり強力です。

昇竜拳などの空中判定になる無敵技でも投げに勝つ事が可能ですが、ガードされるとお通夜です。

すべての行動にリスクとリターンがありますが、これはプレイをしていくうちに覚えていくので、まずはいろいろな選択肢をして的を絞らせないようにするのが重要です。

シュレジーシュレジー2014/11/07 05:06起き攻め時の投げに対する対策として、リバサジャンプについて調べていた初級者です。
ここの記事の■投げ対策 に、
「ジャンプは~~~空中判定に即座になる」
と書かれていますが、空中判定ではなくジャンプ移行Fの間が投げ無敵になり、その後空中判定に移るようです。
ジャンプ移行Fは約3~4Fで、その間は地上判定で打撃無敵もないので、通常技を重ねられると食らいます。

まぁ2010年の記事に言うのもおかしいのですが、私はこの誤った知識を信じて数時間読み合いについて悩んだので…
一応書いときます。

UNKUNK2014/11/10 22:02空中判定でも打撃は当たるに決まってるでしょ。
ジャンプが打撃無敵なんて誰も言ってませんが?

 |